千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2017-10

2012年度第1回民俗部会例会開催のお知らせ

2012年度第1回民俗部会例会の開催を下記の日時と発表者で行います。
綿貫さんは郷里の群馬での事例報告ですが、有形文化財に関しての房総での事例でみなさまから話を広げていただくとよいかなと思っています。
本発表では山本さんをお招きしますが、『日本民俗学』264号掲載論文(「市稼ぎの生活誌-農家日記にみる定期市出店者の生活戦略-」)の内容に関わったご発表と伺っています。
みはさまふるってご参加下さいますようよろしくお願い申し上げます。
 
         記
開催日時 2012年6月30日(土) 午後2時~5時
場所   千葉大学国際教育センター1階大講義室
発表者  事例報告 綿貫登美子氏
       「有形文化財の保存会のあり方について 群馬県岩島麻保存会について」
      本発表 山本志乃氏
       「市の生活誌―大多喜の六斎市と農家の市稼ぎ―」

本例会に関する照会先
千葉歴史学会民俗部会 chibareki_minzoku★yahoo.co.jp
(世話人 和田健 千葉大学国際教育センター kenwada★faculty.chiba-u.jp)
★印を@にかえて送信してください。

なお民俗部会では、MLホームページにて発表資料と例会記録を掲載しています。MLへの参加を希望される方は上記連絡先にご一報ください。折り返し招待メールを返信します。

MLホームページ: http://www.freeml.com/chibareki_minzoku
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibareki.blog.fc2.com/tb.php/19-c1aa6492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (108)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (30)
近現代史部会 (20)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム