千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2017-10

『千葉史学』70号のご案内

『千葉史学』70号(1冊2,000円)が刊行されましたので、お知らせいたします。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki*yahoo.co.jp(*を@にかえてください)
までお知らせ下さい。

【特集・資料からみる房総の歴史】
「資料からみる房総の歴史」にあたって
大和王権と古代房総の豪族との関係の証し―千葉県市原市稲荷台一号墳出土「王賜」銘鉄剣―…石渡芳樹
木簡にみる房総三国のはじまり…服部一隆
奈良・平安時代の人々の暮らしと祈り―印西市池ノ下遺跡の多文字墨書―…吉井哲
中世初頭の骨堂供養と僧侶からみるやぐらの原初について…松本勝
中世香取社と茶園…石渡洋平
天正三年の房越同盟復活―里見氏の「遠交近攻」戦略と誤算―…細田大樹
福島藩主時代の堀田正虎書状―堀田家中河原家文書より―…土佐博文
新井文山木像…宮坂新
金谷神社の備前焼の狛犬―江戸湾防備諸藩の残したもの―…筑紫敏夫
塩谷宕陰『海防或問』―江戸湾海防と地引網漁業―…清水詩織
加納久朗書簡―加納久宣、久朗父子の地方改良運動―…加藤時男
石川照勤宛吉植庄之輔書簡―吉植庄一郎総選挙立候補に際して―…矢嶋毅之
佐藤舜海宛西寛二郎書簡…中澤惠子
鉄道聯隊橋脚…高木晋一郎
忘れられた基地―豊海高射砲演習場―…中村政弘
近世関西商人の上総国進出史料について―民俗学と古文書―…菅根幸裕
オビシャで祀られる「御日記」―栄町酒直のオビシャ儀礼と文書―…金子祥之
房総にあるお練り系獅子とその系譜…田村勇
博物館所蔵の民俗資料―資料整理と活用―…小川浩

〈新刊紹介〉
後藤雅知・吉田伸之編著『古文書でよむ千葉市の今むかし 近世編』…岩本和恵
木村涼著『八代目市川団十郎 気高く咲いた江戸の花』…鈴木一美
内田理彦編『昔日佐倉拾遺録』…白谷茉莉
佐々木徹校閲『佐々木卓夫日記』…松浦眞二
〈参加記〉
東国古代遺跡研究会茨城大会参加記…浅野健太
千葉市立郷土博物館蔵「原文書」見学会に参加して…江澤一樹
〈例会報告〉
〈動向〉
千葉県文書館収蔵公文書の不適切な大量廃棄・移動の停止を求める要望書

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibareki.blog.fc2.com/tb.php/151-06e06435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (107)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (30)
近現代史部会 (19)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム