千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2017-08

『千葉史学』創刊号~10号の目次

『千葉史学』(創刊号~第10号)


創刊号(1982.6) 1800円
創刊にあたって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小笠原長和

千葉歴史学会の創立によせて

 千葉史学に期待して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・児玉 幸多

 老いの繰り言・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・市原権三郎

 千葉歴史学会の創立に寄せて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村 栄孝

 「千葉史学」の発刊を祝して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・竹内 理三

 三十年前の話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見 卓三

 期待したいこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三橋冨治男

 千葉歴史学会の発展を期待する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下出 積与

 『千葉史学』の発刊に思う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・檀谷 健蔵

 鳴沙山の砂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・斎藤 周一

 千葉史学の発展を祝して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・林  英夫

 「千葉史学」に期待するもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・横田 光雄

 千葉史学会の創立によせて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・相澤 荘重

 千葉歴史学会に期待するもの―千葉の歴史のほりおこしを―・・・・・・大野 一夫

論文

 大化改新詔研究にかんする覚書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉村 武彦

 守護領国制下に於る国郡支配について・・・・・・・・・・・・・・・・今谷  明

 近世後期関東農村における豪農層の江戸進出・・・・・・・・・・・・・渡邊 尚志

 日本の婚姻成立儀礼の史的変遷と民族・・・・・・・・・・・・・・・・江守 五夫

   -韓国との対比において-

 地域の掘りおこしとその教材化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石堂 正彦

   -二和に於ける開墾を通して-

研究動向

 朝鮮前近代社会経済史の研究動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・浜中  昇

考古資料紹介

 佐倉市大崎台遺跡出土の線刻絵画土器について・・・・・・・・・・・・柿沼 修平

 佐倉市太田文篠塚遺跡出土の銅鏡(略報) ・・・・・・・・・・・・・田川  良

 創立大会記念講演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小笠原長和

                                  井上 光貞

学会創立までの歩み



第2号(1983.1) 1000円


歴史教科書問題によせて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宇野 俊一

歴史随想

 歴史地理学の立場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神尾 明正

 京成文化会私記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塚本  学

 『ペケ』の須恵器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大塚 初重

 「体験」ということ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平野  馨

 随想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部 玄治

 古文書講座・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・菱田 忠義

論文

 縄文集落の定着性について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・後藤 和民

  -東京湾東岸の貝塚と集落を中心として-

 明和・安永期における水運政策の一考察・・・・・・・・・・・・・・・内田 龍哉

  -上総国養老川の場合-

 大正期における地方商業会議所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・竹内 壮一

  -長野県上田商業会議所の有権者・議員分析-

 生活者の歴史学習・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・志村 毅一

  -婦人会歴史教室から学ぶもの-

史料紹介

 八千代市権現後遺跡出土の墨書人面土器について・・・・・・・・・・・阪田 正一

 千葉市内出土の奈良三彩小壺二例・・・・・・・・・・・・・・・・・・青沼 道文

 近世初期の用水堰溜地の普請について・・・・・・・・・・・・・・・・堀江 俊次

新刊紹介

 川村優編『論集房総史研究』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤 博信

 平野馨著『伝承を考える』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿由葉 司

歴史の窓

 千葉県史編纂の動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川戸  彰

 国立歴史民俗博物館の近況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今谷  明

会員名簿



第3号(1983.9) 1000円

演歌と饗応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山折 哲雄

歴史随想

 老僧二人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・滝口  宏

 縄文時代の木工技術・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・成田寿一朗

 土の中の古鐘・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊谷幸次郎

 民俗採訪雑感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・永田 征子

 私の射芸史研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・樋口誠太郎  

 縄文日記より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石渡 延男

 アメリカ史雑感―理想と現実と―・・・・・・・・・・・・・・・・・・仲田  光

論文

 日本史における中央と地方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塚本  学

 千葉県の製鉄遺跡より出土の鉄滓の科学的研究・・・・・・・・・・・・桂   敬

 加曽利の犬と印旛の象・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤 公明

  -「考える日本史」のために-

 前四世紀アテナイ下層市民の兵役忌避・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤七美男

史料紹介

 千葉県君津市豊田出土の異形台付土器について・・・・・・・・・・・・山田 常雄

書評

 野口実著『坂東武士団の成立と発展』 ・・・・・・・・・・・・・・・岡田 清一

新刊紹介

 川名登著『河岸に生きる人々』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・湯浅  隆

  -利根川水運の社会史-

 木村礎編『大原幽学とその周辺』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・中村  勝

 高橋在久著『東京湾水上記』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩井 宏實

海外だより

 スタンボリスキーと農民同盟・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・南塚 信吾

  -ブルガリア第一印象記-

歴史の窓

 私立長生学校覚え書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・海保 四郎

 市立市川歴史博物館の活動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小泉みちこ

 千葉県高等学校教育研究会歴史部会・・・・・・・・・・・・・・・・・小川 信雄

大会記念講演要旨

 自由民権運動と地方自治・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大石嘉一郎

  -福島事件を中心に-



第4号(1984.4) 1500円

諏訪とバナーラスと作家・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村 平治

歴史随想

 ehe sie verklingen・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川端 豊彦

 月経処理のうつりかわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小野 清美

 時代劇と高校生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河名  勉

 現代史研究の必要性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・池田 宏樹

 中世ハンガリーのある裁判資料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高橋 清徳

 故井上光貞先生と千葉歴史学会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宇野 俊一

論文

 隼人支配と班田制・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤  循

 幻の伊勢神領・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・峰岸 純夫

  -下野国稗田・佐久山両御厨-

 古隅田川地域史における中世的地域構造・・・・・・・・・・・・・・・鈴木 哲雄

 国高と石高・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤田  覚

  -天保郷帳の性格-

 明治期銚子醤油醸造業をめぐる流通過程・・・・・・・・・・・・・・・長妻 廣至

  -ヤマサ醤油を中心として-

新刊紹介

 『いわれなく殺された人びと   関東大震災と朝鮮人』 ・・・・・・中里 裕司

 『千葉県のあゆみ』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉井  哲

歴史の窓

 加曽利貝塚・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・後藤 和民



第5号(1984.12) 800円


道教とマスコミ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下出 積與

歴史随想

 子どもと歴博を見学して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今村 隆文

 西洋館巡歴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中森 義宗

 草戸千軒町遺跡から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下津間康夫

 「青べか」と「ディズニー・ランド」・・・・・・・・・・・・・・・・・山本 俊一

論文

 上総千葉氏について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野口  実

 戦国期里見氏と上杉氏の交渉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・千野原靖方

  -公方-管領体制における同盟の意義をめぐって-

 秀吉の政治・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石井 建夫

  -中学生の生活と歴史の授業-

委員会だより

部会だより



第6号(1985.5) 1200円

グリム童話-その虚と実と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下村 由一

歴史随想

 伊能忠敬の妻―その虚像と実像―・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小島 一仁

 大網白里から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三浦 茂一

 「歴史の進歩」再考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・手島 和史

 千葉県総合教育センターにおける教育史研究について・・・・・・・・・・山本 直彦  

 国印を捺す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・虎尾 俊哉

 「自由民権運動研究文献目録」の作成にたずさわって・・・・・・・・・・山村 一成

論文

 白村江敗戦後における「百済王権」について・・・・・・・・・・・・・長瀬 一平

 明治期の試験論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木 秀幸

  -埼玉県を中心に-

 茶の道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今谷  明

 世界史教育についてのいくつかの問題・・・・・・・・・・・・・・・・中山 義昭

  -歴史教育者協議会での論議を中心に-

研究ノート

 現代の《家族崩壊》現象の歴史的=社会的本質・・・・・・・・・・・・江守 五夫

書評

 『シンポジウム 宮久保木簡と古代の相撲』 ・・・・・・・・・・・・加藤 友康

新刊紹介

 川名 登編『郷土千葉の歴史』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮原 武夫

 野口 実著『鎌倉の豪族Ⅰ』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・菊池 紳一

 岡田清一著『鎌倉の豪族Ⅱ』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・菊池 紳一

 『自治労千葉の三十五年 -房総の現代-』 ・・・・・・・・・・・・三宅 明正

彙報

 シンポジウム「歴史教育論をめぐって」 ・・・・・・・・・・・・・・加藤 公明

 子どもたちに生きる力を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安井 俊夫

 房総風土記 -シンポジウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐々木虔一



第7号(1985.12) 1500円

日本と中国の都市・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡田 茂弘

歴史随想

 祖父と祖父の遺した文書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野 政治

燕雲十六州紀行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今谷  明

 思想としての歴史―映画「十二人の怒れる男」をめぐって―・・・・・・牧野 孝治

 「スペイン内戦」紀行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長澤 淑夫

 大伴宿祢村上と橘奈良麻呂の変・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉村 武彦

論文

 千葉県における蚕品種統一政策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・海老沼宏始

  -大正~昭和初期-

 辛亥革命と千葉医専・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小島 淑夫

  -留日学生同盟中国紅十字隊を中心に-

 調査の時代 -明治期・日本における朝鮮研究の一点描・・・・・・・・鶴園  裕

 ドイツ教会闘争・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・村上 涼子

  -アーリア人条項教会導入をめぐる論争を中心に-

研究ノート

 利根川と「水」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿由葉 司

  -水塚についての覚書(その二)-

調査報告

 利根川中流水田地帯における農村の食生活・・・・・・・・・利根川食生活史研究会

  -千葉県印旛郡印西町大森地区の場合-

書評

 鬼頭清明著『古代の村』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部 義平

  千葉県郷土史研究協議会編『房総漁村史の研究』 ・・・・・・・・・田島 佳也

新刊紹介

 千葉県高等学校教育研究会歴史部会編『史料が語る千葉の歴史60話』・・小笠原長和

歴史の窓

 千葉県立上層博物館を訪ねて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河名  勉

大会記念講演記録

 中世民衆生活の様相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・網野 善彦



第8号(1986.5) 1200円

井上光貞氏の歴博構想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鹿野 政直

歴史随想

 昭和史散歩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部 玄治

 幻影の「鯛尺」を見つけた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田辺  悟

 中世東北の在家役について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥野 中彦

 玉縄城と氏繁と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤 一美

 「足利氏の歴史」展を終えて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・千田 孝明

 新発見の木簡に接して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸山  理

 歩いて学ぶ地域の歴史―社会科クラブの子どもたちと―・・・・・・・・平野  昇

論文

 徳政一揆の再検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・井沢 啓一

  -嘉吉の土一揆を中心に-

 広開土王碑文加羅関係記事の基礎的研究・・・・・・・・・・・・・・・鈴木 英夫

 授業書方式による古代ローマ史の授業・・・・・・・・・・・・・・・・阪口 克朗

研究ノート

 頼政の墓と下河辺氏・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・樋口 州男

調査報告

 利根川中流水田地帯における農村の食生活(承前) ・・・・利根川食生活史研究会

  ―千葉県印旛郡印西町大森地区の場合-

拾遺

 『三人のいかさま師について』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・下村 由一

書評

 小笠原長和『中世房総の政治と文化』 ・・・・・・・・・・・・・・・川名  登

新刊紹介

 千葉県歴史教育者協議会日本史部会編

  『たのしくわかる日本史100時間 上』 ・・・・・・・・・・・・・吉井  哲

彙報

 「古代世界研究国際シンポジウム」に参加して・・・・・・・・・・・・宮原 武夫



第9号(1986.12) 1300円

千葉氏と将門伝説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小笠原長和

歴史随想

 毛織りの屍衣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見 卓三

 川への想い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿由葉 司

 「加曽利の犬と印旛の象」その後・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤 公明

 見ることと知ること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小島 淳一

 歴史像の自主的な形成とは―阪口氏の実践を読んで―・・・・・・・・・安井 俊夫

論文

 新益京について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部 義平

 日本古代家族における妻の地位・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江守 五夫

  -その法民族学的一考察-

 薪百分一取立反対運動について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・酒井 右ニ

  -関東における形成期の広域訴願運動-

 阪口克郎さんへの手紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・土井 正與

拾遺

 金石文の書式とその意識・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中野 豈任

 「政府」の語義の変遷・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・百瀬  孝

調査報告

 沖縄戦跡・基地見学記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三宅 明正

書評

 『習志野市史 第二巻 史料編(Ⅰ)』・・・・・・・・・・・・・・・・倉前光太郎

歴史の窓

 新しい博物館を模索して

  -体験博物館千葉県立「房総の村」 ・・・・・・・・・・・・・・・山田 常雄

新刊紹介

 『たのしくわかる世界史100時間 上』 ・・・・・・・・・・・・・・阪口 克郎

大会記念講演要旨

 中世ヨーロッパにおける怪異なるもの・・・・・・・・・・・・・・・・阿部 謹也



第10号(1987.5) 1500円

土地柄雑感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塚本  学

歴史随想

 京都だより―京都文化博物館の展示のことなど―・・・・・・・・・・・野口  実

 家意識の変容と系図作り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・義江 明子

 「十五年戦争」から何を学ぶか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・楳澤 和夫

 大名来訪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・寺田  廣

 北条氏照文書展をおえて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田  優

論文

 大鷲神社古墳発見の石枕とその提起する問題・・・・・・・・・・・・・白石太一郎

 皇太子阿部の写経発願・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大平  聡

 古河公方足利成氏に関する一考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤 博信

  -関東における室町研究の視点を中心に-

 ファッション化と農村青年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺  新

  -皇国農民自治連盟鈴木勝の軌跡-

 「南ティロル問題」の成立 1918-1920年 ・・・・・・・・・・・・長場真砂子

 私の授業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪口 克郎

  -本誌9号に寄せられた土井正與・安井俊夫両氏の御指摘にこたえて-

部会だより

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibareki.blog.fc2.com/tb.php/12-7d194e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (106)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (29)
近現代史部会 (19)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム