千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2017-08

千葉歴史学会第34回総会・大会のご案内

下記のように、千葉歴史学会第34回総会・大会を開催いたします。
ぜひご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

         記

千葉歴史学会第34回総会・大会

日時  2015年5月17日(日)
      午前9時30分より
場所  千葉大学大学院人文社会科学研究科棟1階
マルチメディア講義室
(千葉市稲毛区弥生町1-33千葉大学内)
交通:JR総武線西千葉駅下車徒歩約10分
京成千葉線みどり台駅下車徒歩約5分
日程
 総  会  9:40~
 研究報告 10:30~
① 望陀布の品質と使途
河名 勉氏(明治大学大学院)
② 南北朝・室町期における東国醍醐寺領と東国顕密仏教界の展開
小池 勝也氏(東京大学大学院)
③ 明治初年における藩の郡政再編
―上総国松尾藩を中心に―
堀野 周平氏(鹿沼市教育委員会)

≪昼食・休憩≫(12:30~13:30)

研究報告 13:30~
④ 明治20年代地方青年の活動と思想についての一考察
―森 隆介と雑誌『常総之青年』を中心にして―
飯塚 彬氏(法政大学大学院)
⑤ 身近な地域から学ぶ第一次世界大戦
―習志野俘虜収容所を教材に―
渡辺 哲郎氏(日本大学習志野高校)

記念講演  15:00~
  講演者  保立 道久氏(東京大学名誉教授)
演題「徳一菩薩を仲麻呂の子と考え、
    さらに論じて藤原秀郷の家系に及ぶ」

懇親会    17:30~
(場所:千葉大学大学院人文社会科学研究科棟2階
グラデュエイト・ラウンジ)



キャンパスマップ
会場の千葉大学大学院人文社会科学研究科棟は、地図内の人文社会科学系総合研究棟のことです。
正門から向かうのがわかりやすいので、初めてお越しになる方はまずは正門をめざしてください。
(京成みどり台駅を利用される場合は、改札を出て左に直進すると正門に着きます。
また、JR西千葉駅をご利用の場合、駅を出てすぐにあるのは南門ですのでそちらから入らずに塀沿いに左に進むと正門に至ります。)
千葉歴史学会会場地図

キャパスマップ(西千葉駅から正門経由で会場へ向かう場合)
千葉歴史学会会場までの地図

印刷用PDFファイルの千葉大学西千葉キャンパス全体地図はこちら

なお、上記大会へは会員以外の一般の方もご参加いただけます。皆様のお越しをお待ちしております。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibareki.blog.fc2.com/tb.php/107-afe14d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (106)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (29)
近現代史部会 (19)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム