千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2016-03

2015年度第5回民俗部会例会開催のお知らせ

2016年2月17日
千葉歴史学会会員各位

2015年度第5回民俗部会例会開催のお知らせ

2015年度第5回民俗部会例会の開催を下記のとおり行いますのでご案内いたします。例会では、千葉県立中央博物館主任上席研究員の島立理子さん達が君津市を拠点に取り組んでおられる「おばあちゃんの畑プロジェクト」に実際に参加することとなりました。
 「おばあちゃんの畑」プロジェクトは、平成20年度から君津市清和地区で、地域に残る在来作作物品種の保存や伝統的な農業技術を次世代につなげるために行われている活動です。当初は千葉県立中央博物館が君津市立三島小学校をベースに活動している「房総の山のフィールド・ミュージアム」の事業の一環として、島立さんが中心になって立ちあげられました。しかし、今では地元グループや小学校の方達が中心となり、新たな地域文化の創造を目指して若い人達や地域外から訪れる人達も巻き込んだ、さまざまな活動を続けておられます。
 例会では、その活動現場を訪ね、実際の活動への参加も企画しております。どうぞご参加ください。

     記

開催日時: 2016年3月13日(日) 午前11時10分~午後3時頃まで
集合場所: 君津市市宿408「半兵衛炭焼き塾」(館山道君津ICから鴨川方面約10分、駐車場所あり)
服  装: 汚れてもよい服・靴
内  容: 
11時10分頃~ 味噌作りに途中参加(参加費希望者は実費を当日に徴収)
12時~     昼食(500円、要予約・当日徴収)
13時~     島立理子氏(千葉県立中央博物館主任上席研究員)による「おばあちゃんの畑プロジェクト」の概要説明・見学

※注
■ご希望の方は10:40にJR君津駅まで来ていただければ、調整のうえ、榎・島立さんの車で8名までピックアップ可能です。メールやお電話などで榎までご連絡ください。
(JR内房線では千葉駅9:37発君津駅10:24着の電車があります。東京方面からは「東京駅八重洲口前」から9:40/9:45発の日東交通で「君津バスターミナル」着10:20/10:25の高速バスがあり、ターミナルから10:22発の日東交通バス「周西線」に乗り換えて10:36「君津駅南口」着があります。なお、時刻につきましては変更されることもあるかと思いますので、直前に各自御確認ください。)
■昼食をご希望の方は3月7日(月)までにお名前を榎までメールやお電話でご連絡ください。事前の連絡が無い方には、当日昼食の用意ができませんのであらかじめご了承ください。
■味噌作りに参加される方は、持ち帰り用の容器を持参ください。持ち帰りの量と参加費は、人数によって変わります。昨年は一人1300円くらいで3kgの持ち帰りとなったそうです。

本例会に関する照会先
千葉歴史学会民俗部会
chibareki_minzoku★yahoo.co.jp
(↑★を@に変換してください)

なお民俗部会では、MLホームページにて発表資料と例会記録を掲載しています。
MLへの参加を希望される方は上記連絡先までご一報ください。折り返し招待メールを返信します。
----------------------------
ということで、大変交通の便の悪いところであります。
何かご質問がありましたら、上記榎さんにお尋ねください。みなさんのご参加を
楽しみにしております。
スポンサーサイト

近現代史部会4月例会(大会準備報告会)

近現代史部会では下記の日程で、4月例会を開催します。
今回は、5月に実施される大会報告の準備報告会です。
お忙しいとは存じますが、ご参加いただけますよう
お願いします。


日時:4月23日(土) 13時30分開始
場所:ミレニアムセンター佐倉 第2会議室
    京成佐倉駅北口下車。徒歩1分
報告者:小田真裕氏
報告名:「明治28年(1895)の郡長と地域社会
     ―千葉県印旛・下埴生・南相馬郡長増子永人に焦点を当て―」
報告内容:増子が記した日記をもとに明治28年という時代性に着目し、分析します。

※近現代史部会では、例会報告者を随時募集しております。
  報告を希望する方は、下記の連絡先までお願いいたします。

近現代史部会委員:矢嶋毅之
(連絡先 メール:zta06074@nifty.com)


近世史部会3月例会(大会準備報告会)

近世史部会では、例年通り3月例会を大会準備報告会として開催いたします。
今年度の部会報告者は、中川和明さん(千葉県文書館嘱託)です。
年度末のお忙しい時期かと存じますが、ぜひご参会下さい。
非会員の方のご参加も、歓迎いたします。

       記
○3月21日(祝・月) 14:00~
○千葉大学文学部棟3階 史学演習室
○報告:中川 和明氏
  「上総国に平田国学は浸透するか- 新出の八剱伊勢宛平田家書簡を中心に―」(仮)
〈参考文献〉
・千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史 通史編近世 2 』(千葉県、 2008 年)
・中川和明『平田国学の史的研究』(名著刊行会、 2012年)

【連絡先】
(E-mail) chibareki_kinsei★yahoo.co.jp(小田)
★を@に変えて、ご連絡ください。
※なお、当日部屋が変更になる可能性がございます。
当日ご参加の可能性がある方には、上記アドレスにご連絡いただければ、当日連絡先をお伝えします。

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (108)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (30)
近現代史部会 (20)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム