千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2015-05

中世史部会6月例会のご案内

日程:2015年6月28日(日)14時開始

ご報告:佐藤博信氏「鎌倉府による寺社支配の一様態―安房妙本寺・武蔵宝生寺の場合―」

会場:千葉市蘇我勤労市民プラザ3階第7講習室

※本ブログをご覧になって、ご参加を希望するという方は一度石渡までご一報ください。

石渡洋平
y6.ishiwata★rhythm.ocn.ne.jp
★を@にかえてご連絡ください。
スポンサーサイト

近現代史部会6月例会

近現代史部会では6月例会を下記の通り開催します。
ご参加のほどよろしくお願いします。

期日 6月20日(土)
時間 14時開始
場所 千葉市立郷土博物館 講座室
    ・JR千葉駅下車、 千葉モノレール「県庁前」下車、徒歩13分
    ・JR本千葉駅下車、徒歩15分
報告者 矢嶋毅之氏(成田山霊光館学芸員)
報告名 「『房総新聞』の基礎的考察」 
※今回の例会は、千葉市史研究会との共催で実施します。
※近現代史部会では、例会報告者を随時募集しております。
  報告を希望する方は、下記の連絡先にお願いいたします。

千葉歴史学会
近現代史部会委員:矢嶋
(連絡先 メール:zta06074@nifty.com)

近世史部会6月例会のご案内

近世史部会では、6月例会を下記の通り開催いたします。
今回は、昨年度千葉大学教育学部を卒業された、成島亮介氏にご報告をお願いしました。
皆様お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

       記
○6月13日(土) 14:00~
○千葉大学文学部棟3階 史学演習室
○報告者:成島亮介氏
  「近世霞ヶ浦の漁猟組織―霞ヶ浦四拾八津を中心に―」

※今月17日に第34回大会が開催され、成功裡に閉会いたしました。
 近世史部会の大会報告批判は、7月例会にて行う予定です。
※近世史部会では、例会報告者を随時募集しております。
 報告希望・報告者の推薦につきましても、下記の連絡先にお願いいたします。

【連絡先】
(E-mail) chibareki_kinsei★yahoo.co.jp(藤方)
★を@に変えて、ご連絡ください。

『千葉史学』66号のご案内

『千葉史学』66号(1冊2000円)を刊行致しました。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki@yahoo.co.jp
までお知らせ下さい。


巻頭随想
記憶より記録―住民生活記録の保存と活用のために―
    …………………………………………………青木 睦

歴史随想
災害の記録を残すということ………………………小田真裕
房総半島に於ける君津製鐵所の意義…………夏目大介
君津地方公立博物館協議会
「災害時の資料保全の相互応援に関する覚書」について
    …………………………………………………布施慶子

論文
室町期における下総千葉氏の動向―兼胤・胤直・胤将―
    …………………………………………………石橋一展
宝永地震と大名手伝普請―駿府城石垣修築を中心に―
    …………………………………………………北原糸子

書評
宮原武夫著『古代東国の調庸と農民』…………森田喜久男

新刊紹介
滝川恒昭編著『中世関東武士の研究 第一三巻 房総里見氏』
    …………………………………………………遠山 成一
市川市史写真図録編集委員会編
 『市川市史写真図録 この街に生きる、暮らす』
    …………………………………………………高林 直樹
栗原克榮著『君津地域の昭和史~戦前から戦後のはざまに~』
    …………………………………………………上田  浄

参加記
「篠塚の陣」とその周辺を訪ねて
―中世史部会史跡見学会参加記―……………和氣俊行
平成二六年度君津地方公立博物館協議会第一回研修会
千葉歴史・自然資料救済ネットワーク勉強会

「資料の救済に備えて」に参加して………………手塚雄太

見学記
映画「三里塚に生きる」を見て……………………中村政弘
袖ヶ浦市郷土博物館企画展
「袖ヶ浦と鉄道」を見学して ………………………高木晋一郎

例会報告

第34回千葉歴史学会総会・大会のご報告

昨日5月17日、第34回千葉歴史学会総会・大会が無事終了いたしました。
天気にも恵まれ、例年を上回る多くの方々にご来場いただきました。ありがとうございました。

総会においては、会務・資料保存活動・編集・会計の各部門から、活動報告と次年度方針案が提案されました。
討論を経て、すべての報告・方針案が承認されました。
また、任期満了に伴う役員改選が行われ、提案の通り顧問・会計監査・委員が承認されました。
新任役員の名簿も含め、総会で承認された内容は『千葉史学』67号にて掲載予定です。

大会においては、各研究報告とも活発な議論が行われました。
また、保立道久氏による記念講演では、ご来場の方々が熱心に聞き入る姿が見受けられ、限られた時間ではありましたが質疑応答も活発に行われました。

なお、大会当日に『千葉史学』66号を刊行いたしました。後刻詳細をアップしますのでぜひご覧下さい。

受付の様子受付の様子

役員改選の提案総会にて、役員改選の提案

会場の様子 会場の様子(2)会場の様子(研究報告)

記念講演保立道久氏による記念講演

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (106)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (29)
近現代史部会 (19)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム