千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2014-05

2014年度第1回民俗部会例会のお知らせ

2014年度第1回民俗部会例会のお知らせ

今回は、日本民具学会と共催で「唐箕」について語る会となります。関東~東北まで名を馳せた「上総唐箕」やそこから派生した「房州唐箕」について、映像や写真も交えてお話しいただきます。詳しくは、添付の案内状をご覧ください。
みなさまのご参加をお待ちしております。

                   記

テーマ:唐箕を語る~上総唐箕と房州唐箕~

日 程  6月28日(土)  午後1時30分~5時30分
場 所  千葉大学 西千葉キャンパス 国際教育センター 1階 大講義室
     (千葉市稲毛区弥生町1-33)
内 容   (1)「55年ぶりに復活した上総唐箕の製作工程のビデオ上映&説明会」
       報告者: 福岡直子氏(豊島区立郷土資料館学芸員)
            布施慶子氏(君津市立久留里城址資料館学芸員)
(2)「古宮系統を中心とした房州唐箕について
~聞き書きからうかがえる職人の知識と技術の記録~」
       報告者:古宮利篤氏(平成25年度日本民具学会研究奨励賞受賞者)
(3)フリーディスカッション「唐箕談義」
主 催  千葉歴史学会民俗部会・日本民具学会
申し込み 不要です。直接会場においでください。
その他  研究会終了後、懇親会を行います。(場所未定・費用は飲食分割り勘)


本例会に関する照会先

千葉歴史学会民俗部会 (担当:榎 美香)
chibareki_minzoku★yahoo.co.jp(★を@に直して下さい)


なお民俗部会では、MLホームページにて発表資料と例会記録を掲載しています。MLへの参加を希望される方は上記連絡先にご一報ください。折り返し招待メールを返信します。
スポンサーサイト

『千葉史学』64号のご案内

『千葉史学』64号(1冊2000円)を刊行致しました。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki@yahoo.co.jp
までお知らせ下さい。


巻頭随想
西上総高柳いまむかし(続々)……………………三浦茂一

歴史随想
原氏の蛇太刀…………………………………………外山信司
千葉県最初の編纂事業………………………………堀野周平
千葉鉄道開通百二十年によせて……………………矢嶋毅之

論文
近世後期関東在方町における町組織の運営と機能
 ―下総国香取郡佐原村新橋本町を事例に―……酒井一輔
「水害の分配」はいかにして可能になったのか
 ―利根川下流村落社会における水利慣行の形成過程―
     ………………………………………………金子祥之
中世女盲の稼業について…………………………横田光雄

新刊紹介
服部一隆著『班田収授法の復元的研究』…………長谷川暁
渡辺尚志著『近世百姓の底力―村からみた江戸時代―』
    ………………………………………………岡本翔吾
神谷大介著『幕末期軍事技術の基盤形成―砲術・海軍・地域―』
    ………………………………………………松本キヱ子

参加記
市立市川考古博物館企画展
 「速報展 北下遺跡」見学会と講演会に参加して
    ………………………………………………石渡芳樹

見学記
国立歴史民俗博物館企画展示
 「中世の古文書―機能と形―」を見学して………細田大樹
芝山町立芝山古墳・はにわ博物館企画展
 「しばやま鉄道ものがたり」………………………高木晋一郎
国立歴史民俗博物館第4展示室リニューアル展示見学記
    ………………………………………………横山陽子

動向
実教出版『高校日本史A』『高校日本史B』執筆者の見解

彙報
千葉歴史・自然資料救済ネットワーク第3回総会

近現代史部会6月例会のお知らせ

近現代史部会は下記の通り、例会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。
日時:2014年6月21日(土) 13時30分 開始
場所:ミレニアムセンター佐倉 4階 第3会議室
   (京成佐倉駅北口徒歩1分)
報告者:大塩 達氏(早稲田大学文学研究科修士課程)
題名:「雑誌『千葉県青年処女』と大正デモクラシー」
連絡先:近現代史部会 矢嶋(090-5786-5167)
    zta06074@nifty.com(矢嶋)
※近現代史部会では報告者を募集しております。上記担当までご連絡ください。

第33回千葉歴史学会総会・大会のご報告

去る5月18日、第33回千葉歴史学会総会・大会が無事終了いたしました。
天気にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきました。ありがとうございました。

総会においては、会務・資料保存活動・編集・会計の各部門から、活動報告と次年度方針案が提案されました。
討論を経て、すべての報告・方針案が承認されました。

大会においては、各研究報告とも活発な議論が行われました。
また、北原糸子氏による記念講演では、ご来場の方々が熱心に聞き入る姿が見受けられました。

なお、大会当日に『千葉史学』64号を刊行いたしました。近日中に詳細をアップしますのでぜひご覧下さい。

DSCN7410.jpg受付の様子

DSCN7414.jpg代表挨拶

DSCN7435.jpg DSCN7452.jpg部会報告

DSCN7453.jpg北原糸子氏による記念講演

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (108)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (30)
近現代史部会 (20)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム