千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2017-10

『千葉史学』70号のご案内

『千葉史学』70号(1冊2,000円)が刊行されましたので、お知らせいたします。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki*yahoo.co.jp(*を@にかえてください)
までお知らせ下さい。

【特集・資料からみる房総の歴史】
「資料からみる房総の歴史」にあたって
大和王権と古代房総の豪族との関係の証し―千葉県市原市稲荷台一号墳出土「王賜」銘鉄剣―…石渡芳樹
木簡にみる房総三国のはじまり…服部一隆
奈良・平安時代の人々の暮らしと祈り―印西市池ノ下遺跡の多文字墨書―…吉井哲
中世初頭の骨堂供養と僧侶からみるやぐらの原初について…松本勝
中世香取社と茶園…石渡洋平
天正三年の房越同盟復活―里見氏の「遠交近攻」戦略と誤算―…細田大樹
福島藩主時代の堀田正虎書状―堀田家中河原家文書より―…土佐博文
新井文山木像…宮坂新
金谷神社の備前焼の狛犬―江戸湾防備諸藩の残したもの―…筑紫敏夫
塩谷宕陰『海防或問』―江戸湾海防と地引網漁業―…清水詩織
加納久朗書簡―加納久宣、久朗父子の地方改良運動―…加藤時男
石川照勤宛吉植庄之輔書簡―吉植庄一郎総選挙立候補に際して―…矢嶋毅之
佐藤舜海宛西寛二郎書簡…中澤惠子
鉄道聯隊橋脚…高木晋一郎
忘れられた基地―豊海高射砲演習場―…中村政弘
近世関西商人の上総国進出史料について―民俗学と古文書―…菅根幸裕
オビシャで祀られる「御日記」―栄町酒直のオビシャ儀礼と文書―…金子祥之
房総にあるお練り系獅子とその系譜…田村勇
博物館所蔵の民俗資料―資料整理と活用―…小川浩

〈新刊紹介〉
後藤雅知・吉田伸之編著『古文書でよむ千葉市の今むかし 近世編』…岩本和恵
木村涼著『八代目市川団十郎 気高く咲いた江戸の花』…鈴木一美
内田理彦編『昔日佐倉拾遺録』…白谷茉莉
佐々木徹校閲『佐々木卓夫日記』…松浦眞二
〈参加記〉
東国古代遺跡研究会茨城大会参加記…浅野健太
千葉市立郷土博物館蔵「原文書」見学会に参加して…江澤一樹
〈例会報告〉
〈動向〉
千葉県文書館収蔵公文書の不適切な大量廃棄・移動の停止を求める要望書

スポンサーサイト

『千葉史学』69号のご案内

『千葉史学』69号(1冊2000円)を刊行致しました。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki@yahoo.co.jp
までお知らせ下さい。


巻頭随想
2016年 展示を考える―「折り鶴」と「赤とんぼ」―
    …………………………………………………上村 清雄

歴史随想
初めての博物館で楽しく! …………………………小林 光代
「常陸名所図屏風」をめぐる「忘却」と「発見」
    …………………………………………………猪岡 萌菜
偶然のマルチサイテッド・エスノグラフィー―佐原・近江八幡・柳川―
    …………………………………………………塚原 伸治 

論文
市原市稲荷台遺跡の円丘祭祀―桓武・文徳朝の郊祀との関係について―
    …………………………………………………西野 雅人
府藩県三治制期における藩の民政と直轄県政―上総国松尾藩を中心に―
    …………………………………………………堀野 周平


大会講演
アンバ大杉の信仰
    …………………………………………………大島 建彦

書評
渡辺尚志編『相給村落からみた近世社会―上総国山辺郡台方村の総合研究―』
    …………………………………………………芦田 伸一 
宮間純一著 『戊辰内乱期の社会 佐幕と勤王のあいだ』
    …………………………………………………大関 真由美
新刊紹介 
筑紫敏夫監修・土屋浩著『房総と江戸の交流史』
    …………………………………………………松本 キヱ子 
松沢裕作著『自由民権運動~〈デモクラシー〉の夢と挫折~』
    …………………………………………………上田 浄 
牧民尾著『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』
    …………………………………………………池田 順 
神奈川地域資料保全ネットワーク編
『地域と人びとをささえる資料 古文書からプランクトンまで』
    …………………………………………………石渡 麻希 


参加記
第2回全国史料ネット研究交流集会 参加記
    …………………………………………………遠藤 菜摘 

例会報告
大会報告

『千葉史学』68号のご案内

『千葉史学』68号(1冊2000円)を刊行致しました。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki@yahoo.co.jp
までお知らせ下さい。


巻頭随想
「歴史に学ぶ]ということ―教科書検定に携わって―
    …………………………………………………上山 和雄

歴史随想
江戸の彫物師・名人島村圓鉄の魅力………………山口 文
地域の歴史とその継承の必要性―卒業論文を通して学んだこと―
    …………………………………………………平野 允哉
いま、アクティブラーニングを考える―問われる歴史教育の役割―
    …………………………………………………齋藤 一晴

論文
南北朝・室町期における東国醍醐寺領と東国顕密仏教界の展開
    …………………………………………………小池 勝也
上総・下総地方の俘囚の反乱と情報伝達…………佐々木虔一

史料紹介
佐倉藩士の家に伝わった沼田藩真田家知行宛行状
                           …………土佐 博文

新刊紹介
岡田清一著『相馬氏の成立と発展 名門千葉一族の雄』
    …………………………………………………外山 信司 
宮間純一著 『国葬の成立―明治国家と「功臣」の死』
    …………………………………………………佐藤 麻里 
石橋一展編著『下総千葉氏』 ………………………石渡 洋平
藤方博之編『佐倉市飯野町 熊谷家文書目録・調査報告』
    …………………………………………………菅原 憲二 
平山昇著『初詣の社会史 鉄道が生んだ娯楽とナショナリズム』
    …………………………………………………矢嶋 毅之  

参加記
常総市での水損行政文書レスキュー活動に参加して
    …………………………………………………市川 超大  

見学記
館山市立博物館本館特別展「館山藩―稲葉家と藩士たち―」
    …………………………………………………澤田 惠子
野田市郷土博物館特別展
「生誕180年 押絵師勝文斎~野田にやってきた江戸・東京
 文化~」を見学して   ……………………………大野木朝子
千葉県文書館・宮内庁宮内公文書館共催展
「皇室がふれた千葉 × 千葉がふれた皇室」
    …………………………………………………中澤 惠子

例会報告

『千葉史学』67号のご案内

『千葉史学』67号(1冊2000円)を刊行致しました。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki@yahoo.co.jp
までお知らせ下さい。

巻頭随想
美術に見る戦争と日常
―浜田知明の作品に触れて― ……………………池田 忍

歴史随想
押絵師 四代勝文斎
 ~人形町の名物男~ ……………………………岩田明日香
『千葉県議会史』あとがき余聞……………………三浦茂一
成田英漢義塾初代塾長宮村三多 ………………矢嶋毅之

大会講演
藤原仲麻呂息・徳一と藤原氏の東国留住…………保立道久

研究ノート
近世後期東上総における酒の流通と小売酒屋
 ―夷隅郡臼井郷を中心に― ……………………高橋伸拓

書評
早田旅人著『報徳仕法と近世社会』………………紺野浩幸
塚原伸治著『老舗の伝統と〈近代〉
          家族経営のエスノグラフィー』……加藤敬太

新刊紹介
高橋修編著『中世関東武士の研究 第一六巻 常陸平氏』
                   ……………………石橋一展
柏歴史クラブ代表上山和雄編『柏にあった陸軍飛行場』
                   ……………………中村政弘

参加記
千葉歴史・自然資料救済ネットワーク
 第6回勉強会「古文書修補を学ぶ③」に参加して
                   ……………………斉藤智喜
                   ……………………藤野紗江
「全国史料ネット研究交流集会」に参加して
                   ……………………新田裕二郎

見学記
県内博物館(資料館)の「戦後七〇年」企画展を見学して
                   ……………………中村政弘
国立歴史民俗博物館企画展示
「ドイツと日本を結ぶもの―日独修好一五〇年の歴史―」を見学して
                   ……………………古畑侑亮

例会報告
大会報告


『千葉史学』66号のご案内

『千葉史学』66号(1冊2000円)を刊行致しました。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki@yahoo.co.jp
までお知らせ下さい。


巻頭随想
記憶より記録―住民生活記録の保存と活用のために―
    …………………………………………………青木 睦

歴史随想
災害の記録を残すということ………………………小田真裕
房総半島に於ける君津製鐵所の意義…………夏目大介
君津地方公立博物館協議会
「災害時の資料保全の相互応援に関する覚書」について
    …………………………………………………布施慶子

論文
室町期における下総千葉氏の動向―兼胤・胤直・胤将―
    …………………………………………………石橋一展
宝永地震と大名手伝普請―駿府城石垣修築を中心に―
    …………………………………………………北原糸子

書評
宮原武夫著『古代東国の調庸と農民』…………森田喜久男

新刊紹介
滝川恒昭編著『中世関東武士の研究 第一三巻 房総里見氏』
    …………………………………………………遠山 成一
市川市史写真図録編集委員会編
 『市川市史写真図録 この街に生きる、暮らす』
    …………………………………………………高林 直樹
栗原克榮著『君津地域の昭和史~戦前から戦後のはざまに~』
    …………………………………………………上田  浄

参加記
「篠塚の陣」とその周辺を訪ねて
―中世史部会史跡見学会参加記―……………和氣俊行
平成二六年度君津地方公立博物館協議会第一回研修会
千葉歴史・自然資料救済ネットワーク勉強会

「資料の救済に備えて」に参加して………………手塚雄太

見学記
映画「三里塚に生きる」を見て……………………中村政弘
袖ヶ浦市郷土博物館企画展
「袖ヶ浦と鉄道」を見学して ………………………高木晋一郎

例会報告

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (12)
投稿規定 (1)
刊行物 (18)
会誌『千葉史学』 (16)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (108)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (34)
近世史部会 (30)
近現代史部会 (20)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (21)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム