FC2ブログ

千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2020-08

第39回千葉歴史学会総会・大会延期のお知らせ

                                           2020年4月4日
千葉歴史学会会員及び関係の皆様

           第39回千葉歴史学会総会・大会延期のお知らせ

謹啓
 会員の皆様方におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は当会の活動にご理解を賜りまして深く感謝申し上げます。
 さて、会員の皆さま方に大切なお知らせがございます。例年、5月中旬の日曜日に開催しております当会の総会・大会ですが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大という状況を受け、委員間にて複数回にわたり協議を重ねてまいりましたが、ご来場される会員の皆様及び運営委員の健康と安全を第一に考え、たいへん残念ではございますが、「当分の間延期」という判断をいたしました。直前でのご報告となりましたこと、お詫び申し上げます。どうか昨今の状況を踏まえ、ご理解賜れれば幸いです。
 今後、どの時期に延期・開催するかも含めて、委員間で協議を重ねてまいります。新型コロナウイルス感染拡大の終息状況がみえてきましたら、改めて日程調整をする次第です。それまでは「当分の間延期」という当会の判断にご了解いただけましたらありがたいです。
 当会といたしましても苦渋の決断となりますが、1日も早く総会・大会を開催できる日が来ることを祈念しております。開催の際には、会員の皆様方がご満足いただける総会・大会にできるよう尽力する所存です。
 何かご不明な点やご意見などがございましたら、当会のメールアドレスにお問い合わせください。
 最後になりますが、改めて会員の皆様方にお詫び申し上げるとともに、延期のご報告を重ねて申し上げます。
                                           謹白

                                          千葉歴史学会
                                         代表 菅原 憲二
                                            委員一同
スポンサーサイト



近世史部会2月例会のご案内

今回は、千葉市史研究会との共催で、
近世房総の災害史研究を進めるお二方の事例報告と、千葉市域の災害史関係史料の紹介を予定しています。
また、開催中の特別展「海と千葉―海とともに歩んだ歴史―」も見学します。
会員以外の参加も可能です。ぜひ、ご参加ください。

               記
千葉歴史学会近世史部会2月例会 (共催:千葉市史研究会)
〇日 時 2月2日(日) 14:00~(17時頃終了予定)
〇会 場 千葉市立郷土博物館(講座室)

      ・JR千葉駅下車、 千葉モノレール「県庁前」下車、徒歩13分
      ・JR本千葉駅下車、徒歩15分
〇テーマ 房総災害史研究の展望
 【報告】
     上條静香氏(流山市立博物館学芸員)
      「安政3年大風雨ー流山市域を事例にー」
     武田真幸氏
     (立川市地域文化課市史編さん担当嘱託)

      「天保飢饉の記録―神保家文書を中心に―」
 【史料閲覧】
      千葉市立郷土博物館収蔵の近世・近代の災害関係史料を閲覧します。
 【展示見学】  
      特別展「海と千葉―海とともに歩んだ歴史―」を見学します。
※ 途中参加・途中退出も可能です。
【連絡先】 (E-mail)chibareki_kinsei★yahoo.co.jp(小田)
メール送信の際には、★を@に変えて、ご連絡ください。小さい文字小さい文字

近現代史部会12月例会のご案内

近現代史部会では、下記の通り例会を開催いたします。
ご興味ご関心のある方、ぜひご来場下さい。
参加費や事前手続き等は不要です。

   記

・日時 12月7日(土) 14時00分~(13時30分開場)
・会場 千葉市郷土博物館 講座室
  千葉駅からバス(千葉大学病院または南矢作ゆき)「郷土博物館・千葉県文化会館」下車
  県庁前駅から徒歩13分
  本千葉駅から徒歩15分
・内容 鳥塚義和氏 「小池定一郎と家族の日露戦争」

〔連絡先〕 stakagi★mrg.biglobe.ne.jp (高木)
 ★ を @ に変えて下さい

近世史部会11月例会のご案内

近世史部会では、11月例会を、以下の通り企画いたしました。
会員以外の参加も可能ですので、ぜひお越しください。

           記
千葉歴史学会近世史部会11月例会

〇日 時 11月10日(日) 14:00~(17時頃終了予定)
〇会 場 千葉大学人文社会科学系総合研究棟2階
       グラジュエイトラウンジ
〇報 告 関根 玲奈 氏(千葉大学大学院博士前期課程)
       「近世寺院における開帳の意義
            ー成田山新勝寺を事例にー」

〇参考文献
・比留間尚『江戸の開帳』(吉川弘文館、1980年)
・原淳一郎「成田山新勝寺の経営と宣伝活動」(原淳一郎『近世寺社参詣の研究』思文閣出版、2007年)

※当日、会場の入口が施錠されている可能性があります。
 遅れて参加する可能性がある方は、事前に下記の連絡先までご一報ください。
※近世史部会では、例会報告者を募集しております。
 報告希望・報告者の推薦は、下記の連絡先にお願いいたします。

【連絡先】
chibareki_kinsei★yahoo.co.jp(小田)
メール送信の際には、★を@に変えて、ご連絡ください。

台風15号による資料被災に関する情報について

台風15号により、被害に遭われた皆様へ、心からお見舞い申し上げます。

千葉県では、文化財・博物館収蔵資料等の被災状況について、全県下での情報集約が進められている模様です。
また、民間所在資料につきましては、
当会が団体会員となっている千葉歴史・自然資料救済ネットワークが、情報提供を呼び掛けています。

http://chibasiryounet.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

同ネットのブログでは、
今後、収集した情報や、資料救済ボランティア活動の情報が発信される可能性があります。
ご存知の情報や、資料救済のための支援要請等がございましたら、
同ネットの代表アドレス(chibasiryounet★gmail.com)までご連絡ください。

※ ★をアットマークに変えて送信してください。

 | ホーム |  »

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (16)
投稿規定 (1)
刊行物 (21)
会誌『千葉史学』 (19)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (125)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (36)
近世史部会 (39)
近現代史部会 (24)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (23)
外国史部会 (0)
未分類 (8)
活動報告 (3)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム