FC2ブログ

千葉歴史学会

千葉で歴史を学ぶ人 千葉の歴史を学ぶ人 どなたでもご入会いただけます。会誌は『千葉史学』

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近現代史部会4月例会(大会準備報告会)

近現代史部会では下記の日程で4月例会を開催します。今回は大会準備報告会です。
ご参加の程よろしくお願いします。

日 時:4月13日(土)15時開始予定
場 所:千葉市立郷土博物館 講座室
 ・JR千葉駅下車、 千葉モノレール「県庁前」下車、徒歩13分
 ・JR本千葉駅下車、徒歩15分
報告者:車田忠継氏(二松学舎大付属高教諭)
報告名:1952年第25回総選挙に見る戦前派代議士の政界復帰と支持基盤―千葉県第1区と川島正次郎を中心に―

※今会は千葉市史研究会との共催です。
※近現代史部会では、例会報告者を随時募集しております。
  報告を希望する方は、下記の連絡先までお願いいたします。

近現代史部会委員:矢嶋
(連絡先 メール:zta06074@nifty.com)


スポンサーサイト

『千葉史学』73号のご案内

『千葉史学』73号(1冊2,000円)が刊行されましたので、お知らせいたします。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki*yahoo.co.jp(*を@にかえてください)
までお知らせ下さい。

〔巻頭随想〕
在豪接収日系企業記録の「里帰り」  安藤 正人
〔歴史随想〕
『金沢文庫研究』九九号の一齣―河合正治と永原慶二―     佐藤 博信
旧侯爵木戸家資料のなかの桂小五郎・山尾庸三の佐倉来訪回想文書  
                                         土佐 博文
 東金の相撲世話人伝十郎の探索        米谷  博
 大網白里市デジタル博物館の公開について  武田 剛朗
〔論文〕
元亀年間における千葉氏と里見氏の抗争に関する一考察
―「長崎」地名をめぐって―              遠山 成一
近世後期における佐倉炭の生産と流通
―旗本戸田氏知行所の御林を事例に―      土屋 雅人
〔大会講演〕
社会科歴史教育論からみた新学習指導要領
―小中高を通じた歴史学習の課題―        鈴木 哲雄
〔新刊紹介〕
至徳堂を知る会編著『至徳堂物語』         筑紫 敏夫
渡辺尚志著『殿様が三人いた村 葛飾郡幸谷村と関家の江戸時代』 上條 静香
宮原武夫著『続船橋の歴史散歩』          山添 麻子
見城悌治著『留学生は近代日本で何を学んだのか―医薬・演芸・デザイン・師範』
                                            中澤 惠子
〔見学記〕
小津史料館見学記                   吉田 武幸
町田市立自由民権資料館企画展「五日市憲法草案」と多摩の自由民権 矢嶋 毅之
〔例会報告〕
〔大会・総会報告〕

『千葉史学』72号のご案内

『千葉史学』72号(1冊2,000円)が刊行されましたので、お知らせいたします。
内容は、以下の通りです。
ご購入希望の場合は、①おなまえ②おところ③購入冊数を明記して、
chibareki*yahoo.co.jp(*を@にかえてください)
までお知らせ下さい。

〔巻頭随想〕
 文化財保護法「改正」の動きについて        藤井 讓治
〔歴史随想〕
 金石文調査に関わって                 早川 正司
 鍋島開墾―小間子牧を拓いた人々―        德永  暁
 「日本国憲法発布日を紀元元年元旦とすべし」  見城 悌治
〔論文〕
 養老五年下総国戸籍にみえる推定寄口の考察  里舘 翔大
 古河公方足利義氏と都市鎌倉
 ―特に「鎌倉様」段階を中心に―           佐藤 博信
〔大会講演〕
 千葉氏と京都―中世前期を中心に―        野口  実
〔史料紹介〕
 「アイヌのフチ・オッケニ」関係史料
 ―「万里堂蝦夷日記抜書 地」の一部―       鈴木 哲雄
 関宿藩尊王派暗殺をめぐる新史料について    松本 松志
〔書評〕
 加増啓二著『経典と中世地域社会』          植野 英夫
〔新刊紹介〕
 荒井秀規著『古代の東国3 覚醒する〈関東〉 平安時代』  野口  実
 佐藤博信著『日蓮宗寺院の歴史と伝承』            細田 大樹
 市川市史編さん歴史部会(近世)御用留研究グループ編
『市川市史編さん事業調査報告書 幕末期の御用留―曽谷村を廻った文書群―』
                                            丸山 善久
〔見学記〕
 佐倉・城下町400年記念事業総合展示「城と町と人と」    菅原 憲二
〔例会報告〕

近世史部会3月例会(大会準備報告会)のご案内

近世史部会3月例会は、5月に開催する千葉歴史学会大会の報告者である竹中友亮氏による準備報告会です。
会場は、1月例会と同じ、千葉大学人文社会科学系総合研究棟です。
準備の都合上、参加予定の方は、事前に近世史部会のメールアドレスまでご一報いただけると幸いです。
※ 当日参加は可能です。

              記
千葉歴史学会近世史部会3月例会(大会準備報告会)
○3月9日(土) 15:00~ (普段よりも1時間遅い開始時間です)
○千葉大学人文社会科学系総合研究棟2階 グラジュエイトラウンジ
 報告者:竹中 友亮氏
   「近世後期における手習塾師匠と門人の家―下総国葛飾郡藤原新田「安川舎」を事例に―」(仮)
〈参考文献〉
・利根啓三郎『寺子屋と庶民教育の実証的研究』(雄山閣、1981年)
・高部淑子「近世後期における農民の経営と生活」(『船橋市史研究』7号、1992年)
・石山秀和『近世手習塾の地域社会史』(岩田書院、2015年)第4章

※近世史部会では、例会報告者を募集しております。
 報告希望・報告者の推薦につきましても、下記の連絡先にお願いいたします。

【連絡先】chibareki_kinsei★yahoo.co.jp(小田)
メール送信の際には、★を@に変えて、ご連絡ください

近現代史部会2月例会

近現代史部会では下記の日程で2月例会を開催します。
ご参加の程よろしくお願いします。

日 時:2月2日(土)14時開始予定
場 所:千葉市立郷土博物館 講座室
 ・JR千葉駅下車、 千葉モノレール「県庁前」下車、徒歩13分
 ・JR本千葉駅下車、徒歩15分
報告者:小林康平氏(立正大学)
報告名:昭和前期の女子各種学校の宗教教育の差異とその背景~東洋英和女学校と恵泉女学園を事例に~

※今会は千葉市史研究会との共催です。
※近現代史部会では、例会報告者を随時募集しております。
  報告を希望する方は、下記の連絡先までお願いいたします。

近現代史部会委員:矢嶋
(連絡先 メール:zta06074@nifty.com)

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

プロフィール

千葉歴史学会

Author:千葉歴史学会
本会は主として千葉圏域で歴史学の研究、歴史教育の現場や文化財の保存活動等にかかわる人々を中心に、1982年に設立されました。以来30年、会誌『千葉史学』の刊行、研究書の刊行、様々な部会活動、大会やシンポジウムの開催を中心に歴史研究の発展、その成果の普及、遺跡保存や史料保存など文化財保護の活動に努めて参りました。

最新記事

カテゴリ

入会案内 (1)
会則 (1)
大会案内 (14)
投稿規定 (1)
刊行物 (21)
会誌『千葉史学』 (19)
売り切れの号数 (1)
千葉史学叢書(全4巻) (1)
リンク (1)
部会案内 (121)
考古部会 (0)
古代史部会 (0)
中世史部会 (36)
近世史部会 (36)
近現代史部会 (23)
歴史教育部会 (0)
民俗部会 (23)
外国史部会 (0)
未分類 (7)
活動報告 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。